急速に拡大する動画広告の利点とは

A photographer is checking the photos on computer at his photo studio.

インターネットを見ていると、様々な場所で動画広告を見かけます。今や見かけないことはない動画広告ですが、その市場が、実は急速に拡大していることはご存知ですか?

アメーバブログやAbema TVで有名なサイバーエージェントが2014年に発表した市場調査の結果によると、2012年では50億円程度だった動画広告の市場は、調査時の2014年には311億円となり、2017年には880億円に達すると発表しました。しかし、実際は2017年には1,374億円の規模を記録しており、予測よりも高い成長をしています。
動画広告市場の急激な発展には、スマートフォンが急速に広まった他にも、Wi-FiやLTEなどの、無線高速回線が普及したことや動画の視聴がテレビからネットに切り替わっていることなどに理由があるとされています。

動画広告には複数の利点があります。

第一に、動画広告は視聴者に伝えられる情報量が非常に多いです。作成に手間はかかりますが、その分多くの情報を与えることができるのが特徴です。
第二に、動画広告は他の広告に比べて平均被クリック率が高いです。そもそも動画は目を惹きやすいため、興味がなくとも「とりあえず」で中身を見てもらえる可能性がテキスト広告やバナー広告よりも高いです。特に、個人の趣味に関する内容の広告であると被クリック率はさらに上がります。
第三に、出稿する媒体によって全く違う効果を得ることができます。たとえば、20代の女性向けの商品があった場合、Twitterとインスタグラムに広告を配信するのであれば、後者で配信する方が効果的です。このように、媒体によってある程度のユーザーを絞った広告の発信ができるため、広告効果をさらに上昇させることができます。

動画広告による広告効果を高めるためには、質の高い映像は必要不可欠です。動画広告は、長時間見てもらえるからこそ細部までこだわる必要があります。メッセージ性と動画としての見やすさを両立した映像を作るには、やはりプロに頼むのが一番です。たとえば大阪で動画制作を請け負う「SATSUEI+」(http://satsueiplus.com/)は、動画制作と撮影モデルを合わせて提供することで、他人の興味を引く本格的な映像を、低価格で制作してくれるのでおすすめです。

宣伝効果の高い動画広告をうまく利用して、集客の効果を高めましょう。

Copyright ©contents-report.com All rights reserved.